福祉用具バード - ベア・オリーブ 福祉用具貸与、特定福祉用具販売、住宅改修

介護事業のご案内

福祉用具 バード

Welfare equipment

福祉用具バード

福祉用具事業所によるサービスとは?

幸せの象徴「青い鳥」のように皆さまに幸せをお運びできるように。と思いを込め「バード」という事業所名にしました。

​良質の実をくわえた青い鳥が、皆さまのお宅へ生活の質の向上を願い、福祉用具をお届けいたします。​

福祉用具を利用していただくことで、日常生活での自立をして生活動作をスムーズに行えるようになったり、介護者のご負担を軽減することが可能になります。​

ご利用者のお身体の状態に合わせた最適な福祉用具をご提案させて頂きます。​

福祉用具

介護保険を使ったサービス

(介護予防)福祉用具貸与​

日常生活の自立を助ける、継続できるようにするための福祉用具を貸与(レンタル)することができます。
レンタルできる品目は以下の通りです。

①車椅子

自走用・介助用・電動車椅子

対象者:要介護2~5

②車椅子付属品

クッション・電動補助装置・テーブル・ブレーキ

対象者:要介護2~5

③特殊寝台

背上げか高さ調節のできるもの

対象者:要介護2~5

④特殊寝台付属品

介助ベルト・手すり・マットレス・サイドレール・テーブル など

対象者:要介護2~5

⑤床ずれ防止用具

エアマットレス・ウレタン等の体圧分散マットレス
 

対象者:要介護2~5

⑥体位変換器

体の下に挿入し動力によって体位を変換することのできるもの

対象者:要介護2~5

⑦手すり

工事を伴わないもの

対象者:要支援・要介護1要介護2~5

⑧スロープ

工事を伴わないもの

対象者:要支援・要介護1要介護2~5

⑨歩行器

歩行の支えとしてフレームが左右・前にあるもの

対象者:要支援・要介護1要介護2~5

⑩歩行補助杖

松葉杖・多点杖・ロフストランドクラッチ

対象者:要支援・要介護1要介護2~5

⑪認知症老人徘徊感知機器

ある地点を通過した時や離床時に通報する装置

対象者:要介護2~5

⑫移動用リフト

人を持ち上げ移動させるもの

対象者:要介護2~5

⑬自動排泄処理装置

尿・便などを自動吸引するもの

(尿のみ)対象者:要支援・要介護1要介護2~5
(尿・便)対象者:要介護4~5

特定(介護予防)福祉用具販売

貸与(レンタル)に馴染まない入浴や排泄などの為の福祉用具を購入した場合に購入費の一部が払い戻されます。
年間限度額は10万円までとなっており、購入金額の1~3割が自己負担額となります。
※負担割合は所得によってご利用者毎に異なります。
販売に該当する商品は以下の通りです。

①腰掛便座

和式トイレに置くもの・補高便座・ポータブルトイレなど

②自動排泄処理装置の交換可能部品

自動排泄処理装置の尿や便の経路となる部品部分

③入浴補助用具

入浴用いす・手すり・すのこ・移乗台・介助ベルト

④簡易浴槽

工事を伴わないもの・移動浴槽

⑤移動用リフトのつり具部分

リフトに取り付けるつり具

特定(介護予防)福祉用具販売​

(介護予防)住宅改修​

在宅の要介護者等が、自宅での生活を継続できるように住宅の改修を行った場合に、20万円を限度に払った金額の一部が払い戻されます。改修にかかった工事費用の1~3割が自己負担額となります。​
※負担割合は所得によってご利用者毎に異なります。
下記7項目が住宅改修工事として認められています。

①手すりの取り付け
②段差や傾斜の解消
③滑り止め床材の変更
④引き戸への取替え・新設、扉の撤去
⑤洋式便座への取替え
⑥転落防止柵の設置
 
⑦上記改修に付属する工事
※段差や傾斜の解消に付帯する工事としてのみ認められます

(介護予防)住宅改修​

そのほかにもこんなサービスを行っています!

ねたきりや認知症の状態にある在宅の高齢者を対象に、紙おむつを給付します。

横浜市で行っている、「重度障害者(児)日常生活用具給付等事業」に関する用具のご相談も受け付けております。​ 

※給付についての要件や手続き方法についてはお住いの区の福祉保健センターにご相談ください。

介護用品の販売も行っています。

T字杖やエプロン、防水シーツなどの日常生活で使用される介護用品の販売も行っております。お気軽にご相談ください。

福祉用具バード

福祉用具 バード

TEL:045-530-9444
FAX:045-960-4681​

営業日:月~金 9:00~17:00

様々な種類の福祉用具をお取扱しています。 
お気軽にお問い合わせください。